解決事例


SOLUTION

知的財産権侵害の対応

2021.06.11

<事案の概要>

ご相談者は事業者で、中国から物品を輸入し、国内のインターネットサイトで転売されていました。

ところが、ある大手企業から、ご相談者に対して、知的財産権侵害である旨の連絡文書が届きました。

そこで、ご相談に来られ、対応を協議しました。

 

<結果等>

ご相談者は、大手企業からの連絡文書に対して、刑事事件、民事事件に拡大していくことをおそれ、自ら対応すること自体ストレスを

感じておられたため、当職に対応を依頼されました。

まず、大手企業から指摘のあった知的財産権侵害について調査し、一定の客観的判断と依頼者側の主張を固めました。

様々な考え、スタンスが選択肢としてありましたので、その点は、十分に依頼者と協議しました。

その後は、大手企業側代理人に対して、当方の主張を書面で送付し、書面が届く頃に、当職が電話をかけ、直接代理人弁護士と

協議しました。

最終的には、書面での合意書作成には至らないものの、事実上、刑事・民事上の請求はないと考えている旨の口頭での回答を

得ることができました。

最終的には、依頼者にもその言葉を直接相手方代理人から聞かせて頂くことで、依頼者自身が安心され、事件を終えることが出来ました。

 

※事件等の特定を避けるため、一部創作、事実に変更を加えていることがあります。

CONTACTお問い合わせ・無料相談

サービス内容、費用、事務所概要
どんなことでも気軽にお問い合わせください。

初回相談無料(60分)

お問い合わせ・ご相談予約

フォーム受付時間 / 24時間

TEL:0744-22-7100

電話受付時間 / 9時~20時
(土日祝日を含め年中受付)
※上記受付時間外であっても、
電話に出れる場合もございます。

お問い合わせはこちら